シミはレーザー治療や薬治療で改善できる【シミ無し肌に綺麗有り】

色が変わることがない手術

婦人

超音波メスの登場

表皮の一番下には皮膚の色のもととなっている、色素形成細胞があります。シミの治療としてレーザー光線が使用されていますが、これはシミがある部分の表皮を薄く分解して、あとは皮膚自体が持っている再生機能によってシミを消してしまおうという考え方で行われています。ですがこのレーザー光線はシミは消えてしまいますが、色素形成細胞も壊してしまう恐れが出てきます。シミ取りの治療においてレーザー光線を使用すると、白い斑点が残ってしまう場合があります。これは再生機能を持っている色素形成細胞が壊れてしまうからです。この色素形成細胞を壊さないために使用されているのが、超音波メスになります。このメスはコラーゲンやエラスチンがある組織を壊すことがありませんので、シミをメスで除去しても白い斑点ができることはありません。

どこでも使用が可能

超音波メスの振動は皮膚の微妙なきめに沿って動きますから、シミが出ている表皮だけをきれいに取り去ってしまうことが、可能になっています。皮膚の弾力に欠かすことができない組織である真皮にまったく傷をつけることはありません。これで、治療を行って色が白くなりすぎるとか、傷跡が残ってしまうなどの副作用が出ることもなく、シミを取り去ってしまう手術が可能になっています。この超音波メスはシミ取りの治療にうってつけの道具になっています。また超音波メスのいいところは、それを使用することによって応用ができる範囲が多くなることです。今までは対応ができにくかった場所にできてしまったシミに対しても、手術をすることが可能になってきています。

Copyright© 2017 シミはレーザー治療や薬治療で改善できる【シミ無し肌に綺麗有り】 All Rights Reserved.