シミはレーザー治療や薬治療で改善できる【シミ無し肌に綺麗有り】

日頃の対策と治療

女の人

老人性色素斑やそばかす、肝斑や炎症性色素沈着、ADMなど一言でシミと言っても様々な種類があります。それぞれの種類により特徴が異なることを知っておきましょう。発生原因や特徴が分かるとタイプに合わせた対策を行なえます。

老人性色素斑はレーザー治療や内服薬や外用薬、ケミカルピーリングで治療を行ないます。レーザー治療は最も治りが早いためすぐにでも治したいと思っている方は、この方法が適しています。このタイプのシミは紫外線が要因で出来るため、対策として紫外線を予防しなければなりません。よく外出をする方は日焼け止めを塗るなどして注意しておきましょう。そばかすもシミの一種で、春から夏に出来ることが多いです。こちらも日光が要因となり肌に表れます。レーザー治療や内服薬、光療法が基本的な治療法となります。こちらも紫外線から肌を守るために日焼け止めが必要となってくるでしょう。
シミのタイプによって治療法が変わってくるため、医師に診てもらい適切な処置を受けて下さい。

20〜50代とどの年代もシミになる可能性はありますから、年代別の対策方法も知っていた方が良いでしょう。20代はストレスはやホルモンバランスの崩れが要因となっているため、生活習慣や食生活改善が必要です。30代は紫外線やスキンケア方法のミスによってシミが表れるため、紫外線対策や正しいスキンケアを心掛けましょう。40代はターンオーバーの滞りが原因ですので、肌を活性化させてあげることが大切です。そして、50代はホルモンバランスの崩れやターンオーバーの乱れが関係していますので、日常生活の改善やスキンケア方法の見直しが必要でしょう。
対策をしてシミが発生することはありますので、その時は美容皮膚科などで治療をしてもらい薄くして下さい。

Copyright© 2017 シミはレーザー治療や薬治療で改善できる【シミ無し肌に綺麗有り】 All Rights Reserved.